火事・救急・救助の場合は「119」

サイトマップ文字サイズ変更文字を標準サイズにする文字を大きくする

  • ホーム
  • いざという時!
  • 火の用心
  • 救急・応急手当
  • 申請書・届出
  • 講習・試験案内
  • よくある質問
ホーム>火の用心>ライターによる火災の防止

ライターによる火災の防止

ライターによる火災事故から子供を守ろう!

「ライター」で、こんな火災事例も!

  • 乗用車の運転席を後ろに下げた際、座席のレールに挟まっていたライターの着火スイッチが押されて火災となった。
  • 車内のグローブボックス内に入れていたライターが、ボックスを閉めた際、着火スイッチが荷物に押されて火災となった。
  •  飲食店の倉庫の木製棚に放置してあったライターの上に、衣服を入れたプラスチックケースを置いた際、ライターの着火スイッチが押されて棚やケースが燃えた。
  • 電子レンジの上においてあったライターが、弾みで電子レンジの中に落ち、それを知らないまま電子レンジを使用したため、ライターのガスが噴出して火災となった。
  • ゴミ収集車の中で、ゴミを圧縮する際、他のゴミによりライターのスイッチが押されて火災となった。

幼い子供のいる家庭での注意事項

  1. 子供の手の届くところにライターを置かない!
  2. 子供にライターを触らせない!
  3. 子供がライターで火遊びをしているのを見かけたら、すぐに注意してやめさせる!
  4. 理解できる年齢になったら、子供に火の怖さを教える。

【このページのお問い合わせ】 伊万里・有田消防本部 予防課 0955‐23‐2118