ホーム>救急・応急手当

救急・応急手当

救急要請時の口頭指導について

電話による口頭指導イメージ

 心臓や呼吸が停止した人の救命率の向上を図るため、119番受信時や現場へ向かう救急隊から、心肺蘇生法などを電話により口頭で指導します。口頭指導があった場合は、指示に従い積極的に実施してください。

 救命のためには、一刻も早い心肺蘇生法や、近くにAEDがあれば、これを使用することが重要です。

 また、119番通報した後に意識がなくなるなど、容体に変化があった場合は、再度通報してください。

      【このページのお問い合わせ】 伊万里・有田消防本部 警防課 通信指令室 0955‐23‐2119

      ページの上部へ移動