火事・救急・救助の場合は「119」

サイトマップ文字サイズ変更文字を標準サイズにする文字を大きくする

  • ホーム
  • いざという時!
  • 火の用心
  • 救急・応急手当
  • 申請書・届出
  • 講習・試験案内
  • よくある質問
ホーム>いざという時!>PA連携 救急現場に消防隊も出動します

PA連携 救急現場に消防隊も出動します

伊万里・有田消防本部では、状況により救急現場にAED(自動体外式除細動器)などの応急処置用の資器材を積載した消防隊が出動し、救急隊と相互に連携して救急・救護活動や人命救助活動などを行う「PA連携」を実施しています。

PA(ピーエー)連携ってなに?

PA連携とは、救急現場において消防隊と救急隊が連携して救急・救護活動などを行うことの総称です。消防ポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)の双方の頭文字から「PA」として、全国の消防本部において広く使用されている用語です。


PA連携の目的

 救急車の出動要請が重なり、すべての救急車が出動している場合や、高層建物など救急隊だけでは傷病者の搬出が困難な場合に、消防隊を効率的に運用することにより、傷病者の救護や救命処置などをより迅速かつ確実に行うことで、安全で安心な救急サービスを提供いたします。

 

消防車両がPA連携で出動する場合

  • すべての救急車が出動中にあり、ただちに救急車が出動できないとき(消防隊による早期の応急処置が必要なときに限る)
  • 傷病者が心肺停止状態(疑いを含む)にあり、救急隊の到着が遅くなることが認められる場合
  • 交通量の激しい場所等で傷病者や救急隊員の安全を確保する必要があるとき
  • 階段や通路など狭い場所や建物の上層階などで救急事案が発生し、傷病者の迅速な搬出が難しいとき
  • このほか、事故の状況からPA連携による出動が必要なとき

 

皆さんのご理解をお願いします

 「救急車を呼んだのに消防車が来た!」と驚かれるかも知れませんが、消防車には救急隊員と同じ資格を持つ隊員が乗っています。救急車が到着するまでの間、消防隊員が応急処置をいたしますので、ご安心ください。※通報時に、先ず消防車両が来ることをお知らせします。
※「PA連携」のとき消防車のサイレン音は「ウ~・ウ~」です
※「火災」のとき消防車のサイレン音は「ウ~・カンカンカン」です

【このページのお問い合わせ】 伊万里・有田消防本部 警防課 通信指令室 0955‐23‐2119